--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.15

・・・・・どちらがいいのか?

Scan10070.jpg

Scan10069.jpg

Scan10088.jpg

緑に包まれ自然に帰ろうとしている志々島
余計な建造物を受け入れず島の方たちの生活のみで歴史を重ねてきた
Nikomat NIKKOR 50mm 1:1.8  DNP CENTURIA 100
スポンサーサイト
続きを読む

2008.05.07

千年の時を経て

Scan10036.jpg

千年の時を経て今もなお成長期にある「志々島の大楠」
とても撮りきれませんでした 続きを読む

2008.05.06

奥の院

Scan10033.jpg

奥の院 いまは誰もお参りはしていないのでしょうか?
隙間から垣間見た和みの空間 お手入れはしっかりとどいています
柔らかい光とともに本当の「志々島」を見た気がしました

お寺の大きさは檀家の多さ・裕福さを象徴しています
志々島で一番大きな家屋 信仰の厚さが伺えます

Nikomat Nikon Zoom-NIKKOR 35~70mm 1:3.5  DNP CENTURIA 100

2008.05.05

繁栄のなごり

Scan10030.jpg

限られた空間に密集する家屋
その風景は今も変わりはありません お寺の脇を通りながら「大楠」へと向かう途中です 続きを読む

2008.05.04

それでも生きる

Scan10029.jpg

詫間町沖合いに浮かぶ静かな島「志々島」
私は2回目の志々島となりました 前回は2月・・・とても寒くてあまり生命力を感じることのない島でした(大楠は別格です)
季節が変わり目に入ってきたのは力強い生命力を感じさせる「新緑」でした
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。